売られるという問題|家さがしなら住宅のスペシャリストである不動産屋にヘルプを要請!
積み木

家さがしなら住宅のスペシャリストである不動産屋にヘルプを要請!

このエントリーをはてなブックマークに追加

売られるという問題

つみきと鍵

住宅ローンを滞納すると競売にかけられます

家を買う場合には、まず住宅ローンを組むことになります。しかし、もしこの住宅ローンが払えなくなった時には、どうなるのでしょうか。何か月か延滞を続けていると、保証会社から代位弁済の通知書が届きます。これは、滞納中のローンを代わって支払いましたという通知なのですが、これですべて解決となるわけではありません。今度は保証会社から督促が来ますし、それでも払えない場合は、家が競売にかけられてしまいます。競売にかけられると、通常の不動産価格の七割程度の金額で売却され、手元にお金も残らない状態になります。住宅ローンを払えなくなった場合には、できるだけ早く、競売の入札が始まる前に、専門の弁護士や司法書士、または専門業者に依頼して任意売却をすることをお勧めします。

任意売却をするうえで気を付けたいこととは

知り合いに弁護士や司法書士がいない場合は、弁護士会や法テラスの無料相談を利用すると、任意売却を扱っている事務所を紹介してもらえます。また、専門業者の場合はネットで検索することもできます。ただし専門業者の場合は、実際には不利な契約を結ばせる業者もいますので、気を付けるようにしてください。任意売却の場合は、通常の不動産価格で売却でき、債権者と交渉ができるため、ある程度のお金を手元に残すことが出来ます。しかし、あまり高額の資金を約束する業者は、避けた方が無難です。またその逆に、住宅ローンを含む複数のローンが返済できないけど、任意売却はしたくないというケースもあります。このような時には特定のローンを残せる、個人再生という方法がお勧めです。この場合も弁護士や司法書士に相談してみましょう。